忍者ブログ
いつか見た 夢の欠片たち



[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
中学校から実家でずっと飼っていたシーズーのシオンといる。
おなかをさわると、いつもタルンタルンの皮がつっぱっている。
どうしたのかな、とおいつつしばらくたつと、もっとパッツンパッツンになってくる。
これは変だと思って、父と母に見てもらう。
父が「もう手遅れだ」と言う。
なぜかと問い詰めるが、もう高齢だしこれは寿命だからあきらめなさいと言われる。
(そんなのいやだーミルクー!と名前を今の犬と言い間違える。あ、間違えた、と思う。)
泣いて部屋に閉じこもる。

次の日の朝になってしまう。

いつもの通り庭にトイレをさせるために出す。

すると、シオンがどんどんウンチをする。どんどんする。
もう、シオンの体の大きさよりも多いくらいする。

父を慌てて呼んで見てもらう。
父が「これなら、大丈夫かもしれない」と言う。
とても嬉しい気持ちになる。泣いたかもしれない。

※シオンは、去年の冬に亡くなっている。
ちょうどこの時期だったかな?
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新記事
プロフィール
HN:
meg
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]