忍者ブログ
いつか見た 夢の欠片たち



[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっとパスワードがわかったwwww

最近夢見てないんだよね…。

寝なかったり、バクスイしたり・・・。
PR
実家の私の部屋からベランダに出ると(ほんとはない)
5,6歳の犬が二匹いた。
めっちゃ汚いので捨てられたようだ。

両脇に抱えて、1Fに降りて、パパとママに

『飼っていい?』

と聞く。
実家のお風呂が新しくなっている。
とてもキレイで嬉しい。

真っ黒でモッハモハのかわいいプードルみたいなわんこと一緒。
触っても触っても気持ちよくてずーっとわしゃわしゃしている。

わんこ一匹、にゃんこたくさんの家族でお風呂に入る。


(また実家のお風呂の夢 なんなんだろ。昨日も実家じゃないけど風呂の夢だった)

黄金色の草原にいる。
前には、古代からある大きな大岩がそびえて、なだらかな丘を視界からさえぎっている。

私はその四角いストーンヘンジの巨大版のような大岩から、ひっそりと
大きな赤い牛(だったような気がするんだけど)を覗き込むように隠れている草食動物。

そっと左側から丘を覗き込むと、目の前に悠然とライオンのオス(ここらへんのボス)が一人で歩いていた。

わたしは敬意を表して頭をたれる。
ライオンは私の存在は認めてはいるものの、こちらを見るわけではない。
その対応こそ、むしろ自然らしく大いなるものという感じがして心地よい。

それからまた、大岩の左、から赤い牛を倒したい!ので、左側からちょっかいを出しつつダッシュで安全地帯まで逃げて、を繰り返す。
いよいよ真っ白な地下の大きなフロアを貸しきって、私たちがプロデュースした
レディースオンリーイベントが行われる。

眩しすぎる蛍光灯で真っ白になった世界。
私は清楚な白が基調のたけの短いドレスを着て、皆さんをお出迎えする。
赤い絨毯の引かれた真っ白の階段を、沢山の王子や姫が下りてくる。
中には妖精や、天使の格好をした人もいるが、アニメ!というコスプレはいなくて正直ほっとする。

告知期間は短かったものの、イベントに賛同して参加してくれる人数の多いこと。
開始早々、ざっと300人はいそう。

イベントの主催側のコスチュームは、圧倒的に王子が多い。
オドオドと、それでも目をキラキラさせた嬢が次々と降りてくる階段の下で、手を取りお迎えをする。
階段は彼らに任せ、私はソファーブースに行く。
そこではイベント慣れしたメンバーが早くも盛り上がっている。
私もそこに入り、より場を盛り上げる。楽しくなるのはこれからだ。

イベントも終わり、合宿所のような所で全員布団を引いて寝る。
高さが1mあるかないかの四段のスペースで、布団をみっちり引いて100人くらいが寝ている。
足元だけ、太陽が当たっていて暖かい。
ふと、見ると3人のサラリーマンがいる。寝苦しそうだ。

彼らの仕事は、新築物件の内装。どうも6社で競っているようだ。
物件のチラシを見ていると、その建物の中に誘われる。

最高にカッコいい物件。

普通より大きな透明のバスタブに、木が丸ごと生けられている。
公園みたいな居間には、素敵なベンチ。
カウンターキッチンの下には年代物のワイン。
端にはインテリア用の特大ワインやシャンパンのビンが置かれている。(中の赤ワインは本物らしい)

うっとりと部屋の中を散策する。
三人のサラリーマンは隣の寝室にいって、この物件に決めたいと言っている客とのすり合わせの打ち合わせをしている。

居間と寝室を分けた壁には、何枚かの写真が飾られている、おしゃれな額に入っている。
私も、彼らの仕事をこの額つくりでお手伝いできないだろうか?と思う。

思い切って相談しようと、彼らのリーダー(社長)に話しかけてみる。
寝室に入るともう夜。

月夜に照らされたベッドサイドで、三人は話し合っている。
話しかけるととても社長に気に入られる。(あぁ、この人と結婚するんだろうな)と思う。
寝室のベランダから外へ、海が一望できるプールつきの庭に出る。
とてもきれいで、ずっとこんな所に住みたかった、と感動する。

ポチャンとプールに落ちてみる。
三人はあわてたけれども、すぐ泳ぎだした私を見てほっとしたらしい。
寝室の角を曲がり、さらに泳ぐと、プールと海の境がちょうどその視点からだと0になる。

こういうプールが大好きなんだよな。本当に素敵だと、とってもリラックスする。

海との境は岩が組まれている。
その岩に、お刺身の乗っているような屋根のある木の船が上がっている。
社長を呼ぶと、「これは○○の船だ」と、どうやらライバルらしき男性の名前を出す。

中には発泡スチロールに入ったタコやエビ、ロブスターなどの鮮魚と手紙。
どうも、食材が足りないという噂を聞いたので、これを送ると書いてあり、社長も感動する。
鮮度を保つために、プールに放す。
(あ、このプールは海水だったんだ)と思う。
((実際は真水だったのが、夢の都合で海水に急に変わった))

そいつらの餌と思われるミミズみたいな長くて細い生き物が、なかなか洗面器から離れない。
巻き貝が二匹、腕のような肢体を伸ばして泳いでいる。
エビやロブスターは、もうとっくに、悠々とプールのどこかに泳いでいったのだろう。

起きたくないくらい、気持ちよくて素敵な夢だった。
珍しく、続きは見られなかった。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新記事
プロフィール
HN:
meg
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]