忍者ブログ
いつか見た 夢の欠片たち



[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [14]  [15]  [13]  [12]  [11
黄金色の草原にいる。
前には、古代からある大きな大岩がそびえて、なだらかな丘を視界からさえぎっている。

私はその四角いストーンヘンジの巨大版のような大岩から、ひっそりと
大きな赤い牛(だったような気がするんだけど)を覗き込むように隠れている草食動物。

そっと左側から丘を覗き込むと、目の前に悠然とライオンのオス(ここらへんのボス)が一人で歩いていた。

わたしは敬意を表して頭をたれる。
ライオンは私の存在は認めてはいるものの、こちらを見るわけではない。
その対応こそ、むしろ自然らしく大いなるものという感じがして心地よい。

それからまた、大岩の左、から赤い牛を倒したい!ので、左側からちょっかいを出しつつダッシュで安全地帯まで逃げて、を繰り返す。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新記事
プロフィール
HN:
meg
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]