忍者ブログ
いつか見た 夢の欠片たち



[32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22
一人の、女が殺される。

犯人は、三人の男子同級生。

わたしには、犯人は誰か解らないが、
犯人達は、私が犯人に気が付くのを恐れ、私も殺そうとする。

三人の同級生に押し倒されて、毒明るいワインを飲まされ、首を閉められたり、鼻をつままれたり、すごい量を飲まされて、舌を噛み切りながら、乾いた笑いをこぼす。

舌は、パッカリと穴があいている。

血が吹出ないのは、何故だろう?と思う。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新記事
プロフィール
HN:
meg
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]