忍者ブログ
いつか見た 夢の欠片たち



[35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25
ついに、目的の星にたどりついた。
そこは一面、若々しい緑の田んぼが広がったような世界

副操縦士の、短髪初老の女性は
新しいパイロットを気に入ってくれた様子
よかった。目がいいと褒められた。

すそまくり、促されるまま田んぼへ。泥が滑らか

と、足に当るものが。
捕まえて見ると、ヒル?なめくじ?
泥色のそれを見て、副操縦士が、宇宙人との初コンタクトだと喜ぶ


夜、ふと目覚める。
外に出る

すると、たかさ8mくらいの宇宙人がいた。

昼間は小さくて交流出来なかったと言われ、これから宴会だという。
純朴そうな、かお、にこにこと、誘われる。
遠くをみると沢山の宇宙人が宴会をしている。でかい。

渡したいもの、聞きたい事が沢山ある。
ワクワクする。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新記事
プロフィール
HN:
meg
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]